靴を極める専修コース
楽しんで学ぶ靴教室
全てはあなたの手の中にある

埼玉県さいたま市
浦和区岸町4-20-15
さきっちょ店舗ビルの2階
JR浦和駅 西口から徒歩約6分

E-mail:info@nogutsu.com
Tel/Fax 048-822-6771
日・月曜日定休

靴を極める専修コース
楽しんで学ぶ靴教室
全てはあなたの手の中にある

埼玉県さいたま市
浦和区岸町4-20-15
2F
Tel/Fax 048-822-6771
E-mail:info@nogutsu.com
日・月曜日定休


WORKS
手作り靴で身をたてたい人のための専修コースです

年齢、性別、学歴、職歴などを問わず、「志」さえあれば誰でも「靴のつくり手」になることができます。
ワークスでは靴を介して独立独歩・自由自在に活動ができるように、1年間で手づくり靴の「基礎」を学び、自分と靴との関わり方を探求していきます。

手づくり靴は履き手の「足」に思いをよせて、自らの「手」のみを使って一足の靴をつくりあげます。
靴をつくることを生業にしますが、大事にしていることは「人と人」との関係を築くことです。たくさんの人の手を介する大量生産靴の枠組みとは異なり、手づくり靴は一人の手で最初から最後まで責任をもって履き手と向き合うことができます。

つまり、求めている全てのことは自分自身の「手」の中にあるということなのです。
WORKSは自分の未来を自身の「手」に託し、手づくり靴とともに歩んでゆきたい人たちが集まる場なのです。

説明・見学会に参加することがワークス入学の前提になります。
まず工房へ来て、自分の目と耳と肌でその場の空気を感じてみてください。
きっと目前には、新たな地平が広がっているはずです。詳しくはこちらのinfoページに説明会の詳細情報があります。こちらを見てご連絡ください。お待ちしています。

worksnew
nanzoya

自分にとって良い靴とはどんなものか、どういう靴を作ってどんな人に手渡したいのか。
そして、将来どんな社会を築いていきたいのか。
今までの自分と向き合って靴との関わりを探求していきます。
靴の本意とは何かと考えることは、
自分自身の「生きかたち」を見い出す手がかりにきっとなるはずです。
ワークス一年間の課題
講 義
足の解剖学とバイオメカニクス

距骨下関節や載距突起という名前を聞いたことがありますか? 骨や関節がどういう名称で、それらがどのように作用して人が2足歩行を実現しているのかを説明します。また、足が変形したり機能不全に陥る本当の原因は何かを解き明かしていきます。

実 技
1.採寸

はじめに足がないと手づくり靴は作れません。そこが木型さえあれば靴ができてしまう既製靴との大きな違いです。足の15カ所以上を採寸して足のカルテを作ります。そのカルテ(足)を的確に読み解くことで、木型修正やインソール製作が可能になります。

2.ラストメイキング

特殊なロウを溶かして盛り付け、木型を修正していきます。 従来のように革を貼り付けてするよりも微細な修正ができ、木型の構造的な変更も容易です。ロウで木型を修正している学校はまだ数少ない中、木型の構造から修正までを一貫して学びます。

3.パターンメイキング

型紙の基本構造 10 型を学びます。世の中にある靴は殆どその 10 型の中に納まります。また、これまで見たことがない新しい靴の形にも応用して対応が可能になります。(今ではモゲ・メソッドと言われている型紙手法を基礎にしています)

4.シューメイキング

裁断、製甲、つり込み、底付けと靴づくりに必要な基本技術を修得します。

5. インソールメイキング

ニュートラルポジションの理論を取り入れたインソールを製作します。アメリカ足病医学の理論を基に作られたインソールは足の構造にアプローチして、足のアライメントを整え、足の機能不全や靴との不適合を改善します。

そ の 他
現場見学

東京墨田区にあるタンナー(革を鞣すところ)を尋ね、革を生産している現場を見学します。
その後、日本の靴産業の中心地である浅草にて、材料問屋などを廻り見聞を広めます。

INTERVIEW / 受講生インタビュー
小野間 梓さん(26歳)

元々靴が好きで、足にとっての健康やリラクゼーションに興味がありました。
他の靴教室がデザイン重視だったり、量産型が多いなか、足の健康を重視して靴を作っているところと、暮しの中で身近な人のために靴を作るという先生の自然体のスタンスが好きで通っています。
入学してみて靴一足作るのにこんなに手間と時間がかかるのかが分かり、靴をもらった時の有り難みが大きくなりました。
今後は身近なところから始めて、WORKSHOPなどで生活の中での靴を、皆に伝えていけたらいいなと思っています。

宇野 裕貴さん(27歳)

以前はサラリーマンをやっていたのですが、サイトを見て、先生のブログに惹かれ、説明会に参加しました。説明会に来てみたら感覚的にしっくりくるものがあり、迷わず入学してしまいました(笑)
入学してみて、靴作りの難しさを感じていますが、まずは早く自分で作れるようになりたい気持ちで一杯で、日々頑張っています。
先生の指導は優しいですよ。移転に伴ってVillageが始まるとのことなので、これからも末長く利用させて頂きたいです。

坂上 一乃さん(30歳)

以前は営業職だったのですが、ヒールが合わなくてマメだらけになりオーダー靴を作ったところから、靴作りに興味を持ちました。違う靴教室でもお世話になっていたのですが、サイトやブログを見て先生の人柄に魅力を感じて説明会に参加しました。
実際入学してみて、先生は靴に対しては厳しいけど人に対しては優しくて、そんな先生と靴が好きで集う工房の仲間とのおしゃべりがとても楽しいです。今後はリメイクや修理も出来るようになりたいと思っています。